top of page

時間がない時に使えるPandasGUI【EDA(探索的データ分析)】

本来、EDA(探索的データ分析)はとても時間がかかります。

ここに時間を掛けないと、なかなかデータの本質を探しにくいものです。


EDAの時間短縮に役立つライブラリがPandasGUIです。

コードは僅か3行。


import pandas as pd
from pandasgui import show
show()

これだけです。別ウィンドウでpandasGUIが起動するので、データ分析したいcsvファイルを選択(import)すれば、ドラック&ドロップでデータをいじれます。




使い方

下記のcsvファイル👇でEDAしてみます。

データは時系列の株価と金利、日銀の広義流動性といった内容です。




importからファイルを選択すると、下記のようにデータが表示されます👇

このデータテーブルは、「日付」や「日経平均」などのタブをダブルクリックすると、昇順・降順のソートができます。

選択してエクセルへの貼り付けも可能です。






statisticsで統計情報が見れます。データ数:38行8列。最大値標準偏差、最小値、最大値が既に計算されています。





Grapherでグラフを表示。ノーコードでドラック&ドロップなので楽です。



グラフの例👇3D散布図グラフ

plotlyで表示されるので、グラフをインタラクティブに動かせる。

米国10年金利と原油、日経平均株価の相関は無さそうです。

Code Exportボタンか、グラフの右上にあるProduced with Plotlyをクリックすると、表示されているグラフを描くPythonのコードを記録することができます。






グラフの例👇折れ線グラフ







グラフの例👇散布図グラフ

Filters(フィルター機能)があり、条件を入力すると、自動的にグラフ表示も切り替わる👇








グラフの例👇棒グラフ






エクセルの様なピポットテーブル機能もあります。👇




この様にノーコードでEDAが可能であり、エクセルへのデータ貼り付けもできるため、データ俯瞰の時間短縮に役立ちます。

お手元のデータをサクッと俯瞰したい場合に重宝します。

コード記述が苦手な方にもお勧めのライブラリです。

以上、PandasGUIの紹介でした。




Mini統計沖縄では、格安の料金で統計解析レポートをご提供しています。

自社でデータ分析をする人材がいない場合や、データ分析をしたことがない、データ分析をする時間がないなどでお困りの方は是非お気軽にお問い合わせください。



閲覧数:83回0件のコメント

Commenti


bottom of page